お問い合わせ

03-5929-9377

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-35-24(アクセス

受付時間
  • 月~金/9:00~12:00 15:00~20:00
  • 土曜日/9:00~12:00 14:00~17:00
  • 日曜祝日休診

阿佐ヶ谷中央整骨院スタッフによる

カラダのコラム

季節の変わり目

皆さん、こんにちは。
院長の北風です。

季節の変わり目を迎えて、体調がいつもと違うと感じたら、それは身体からの危険信号かもしれません。
そんな危険信号が出ている方、疲れている方は必見!
今回は、「マインドフルネス」についてご説明します。

マインドフルネスとは、簡単にいえば瞑想です。
具体的な方法は、背筋を真っすぐ伸ばして、椅子に浅く腰かけます。
顎を前に出したり、引きすぎないで、軽く目を閉じます。
7秒ほどをかけて、ゆっくり鼻から息を吸います。
その際、呼吸を注意深く意識してください。
鼻腔を通っていく様子、お腹に入っていく様子を意識してください。
お腹に入ってきた時、「膨らむ、膨らむ」と言葉をかけてもよいです。
そして、鼻から息を吐く時は、10秒位かけてゆっくりと吐き切ります。
その時も呼吸を注意深く意識してください。
この呼吸法を、60~90秒ほど行ってください。

マインドフルネスは大手企業も取り入れています。
ストレスを軽減すれば仕事のパフォーマンスが向上するからです。

ほかにも、「ジャーナリング」という方法があります。
ジャーナリングの方法は至ってシンプルです。
5~10分時間を決めて、頭の中にあることをそのまま書き出していくだけです。
時間内はペンを止めずにひたすら書き続けます。
書き終わったら、それをシュレッダーにかけたり、破り捨ててしまいましょう。
もちろん、残しておいて後で見返してもよいですが、すぐに破棄するほうがどんなことでも自由に書けるのでより効果的です。

ジャーナリングは、日記などと違って、頭や心の中にあるものを吐き出すことだけが目的です。
こうした疲れを取る方法もあります。
ぜひ一度、お試しください。

ページの先頭に戻る